メイン機種をMacBookProからSurface Book 2に変更してひと月たちました。

ヘアサロンでカット中ふとオーナーをみると、おしゃれな空間でMacをいじっていて、わかりやすくかっこいい……! (これ、Surfaceに変えてもかっこいいかな?) 意識の高いグラフィックデザイナーとして、どっちがイケてるかを考えてみました。

Macとコーヒー

hand using laptop computer on top view

なぜMacから乗り換えた?

そもそも、長年のapple信者である筆者がSurfaceに乗り換えたのは、やっぱりUSBポートが欲しいなどいろいろあるのですが

  • Surfaceのデザインも悪くないのでは?
  • 画面に直接描けるのがかっこいい!

この2つの要素が大きいです。それまで使用していたのはMacBook Pro(Retina, 13-inch,Early 2015)なのでTouch Barは装備しておらず、Touch Barのかっこよさは未体験なのですが……。

MacBookProは、iPadProと差別するためなのか頑なにタブレット仕様にはならないようですが、MacBookProとiPadProを両方持ち歩くのは不快です。それならば一緒になってる方がスマートなのでは?と思いました。

実際、スマホに慣れているため、画面を触って動かしたりできる方が自然な感じがします。SurfaceBook2を使ったあとにMacBookProを使うと(なぜ触っても無反応?)と思ってしまいます。

デザイン制作環境で使ってみて

今のところ、DTPの現場でも不都合は特にないです。adobeもそのまま使えますし。もともと動画の編集などはWindowsでやっていたので、Macでしかできないクリエイティブな作業はなんだろう???

クリエイターに人気なのは?

とはいえ、周りのクリエイターに人気なのは今のところまだMacです。「やっとMacに変えたんです!」という方にも最近会いました。データのやりとりをするときに、「こちらMacなんですが大丈夫ですか?」と不安がられることも(結果大丈夫でした)。

PCのシェアはともかく、クリエイティブ環境でのシェアはまだまだMacなんだなーという気がします。今後はどうか分からないですが。

というわけで、カフェで作業して「意識たけ~」感じになるのは、やはりベタにスタバでMacBookProなのかな?と思いました。

一味違う意識高い系を目指すなら、SurfaceBook2でタブレットモードにして、カフェでお絵かきをするといいと思います!

あと、SurfaceというかWindows10のせいですが、なにかダウンロードしたりするときの表示が急にダサいです。MacはおしゃれすぎてSSDを隠したりするけどそこまで気を使ってるんですよね(不便だから表示するけど)。

Surfaceお絵かきについてもそのうちレポートしようと思います。


スポンサードリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です