【解決】Gmailで「他のアカウントのメールを確認する」がうまくいかないときの設定確認

先日、ビジネス用メールとしてカスタム メールアドレス(@[会社名])の利用を開始しました。

さくらインターネットで取得したドメインを使い会社名のメールアドレスを設定し、Google Workspaceで使う方法

そのままでは新メールアドレスと、旧メールアドレスの両方のチェックが必要になってしまいます。それは面倒なので、新メールアドレスで旧アカウントのメールを受信できるように設定しました。既存のメールと新着メール、両方を取り込むことができます。設定自体は簡単ですが、何回もエラーになってしまい、サポートにもチャットで問い合わせ(英語)したので、うまくいかない方用に解決した方法を紹介します。

Gmailで他のメールアカウントを確認する方法

Gmailヘルプのページはこちらです。基本的にはこちらのやり方になります。

他のアカウントのメールを確認する

A~~@gmail.comで受信したメールをB~~@gmail.comで受信するとします(メールアドレスはイメージです)。A~~、B~~の順にそれぞれパスワード、設定が必要になるので、どっちがどっち?となって少しややこしいです。

転送の場合には、読み込み元の B~~@gmail.com で「メールの転送先」を設定しますが、「他のアカウントのメールを確認」の場合は、読み込み先である A~~@gmail.com で B~~@gmail.com のメールを受信できるよう設定します。

エラーになってしまう方は、以下のポイントを確認してみてください。

エラーになる場合のチェックポイント

ユーザー名には@gmail.comまで含める

ユーザー名には「@gmail.com」の部分まで入力してください。

シークレットウィンドウを使う

読み込み元のB~~@gmail.comアカウントは シークレットウィンドウで設定します。

2段階認証

読み込み元のB~~@gmail.comアカウントに2段階認証を設定します。

アプリパスワードを設定する

読み込み元のB~~@gmail.comアカウントにアプリパスワードを設定します。読み込み先の A~~@gmail.com アカウントでメールアカウントの追加を設定する際、そのアプリパスワードをパスワードの箇所に入力します。

まとめ

自分はこれで、エラーを解消できました。
周りに聞いてみたところ、
・転送元と先で「安全性の低いアプリへのアクセスの管理をユーザーに許可する」をチェックする
・転送元と先で不審なアクティビティについてのアラートが表示されている場合、「心当たりがある」をクリックする
こちらが有効だったという人もいました。

数年分の過去のメールの転送には1時間以上かかりました。見返してみると、ほぼ不要なメールばかりですが…。
複数のメールアドレスを一か所で管理できると便利ですよね。
無料アドレスも残しておき、今後はすべてのメールを有料のアドレスで管理することにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください